クリエイティブ作成

広告文のタイトルや説明文を「クリエイティブ」と呼びます。

クリエイティブ作成は本質的な部分と、形式的な部分に大別されます。

本質的な部分は、広告主の事業モデルを理解した上で、客観的な強みを訴求する必要があります。誇大広告はクリック率を上げますが、逆にコンバージョン率は悪化します。個々のケースに応じた対応が必要です。

形式的な部分は理解しやすく、たとえば、

  • キーワードとクリエイティブの一致を図ること
  • 文字数の上限まで有効活用すること
  • 無駄な単語は使わないこと
  • 同じ単語はなるべく繰り返さないこと

などがポイントになります。

「キーワードとクリエイティブの一致」に関して言えば、たとえば「マンション 京成線」というキーワードで検索すると、下記のような検索結果となります。

「マンション」や「京成線」などの検索語は、広告文のなかで太字(ボールド)で表示されます。

つまり、キーワードとクリエイティブの一致を図ることによって、

  • キーワードを目立たせる効果がある
  • しかも、検索者がその瞬間にもっとも興味を持っているキーワードである

というアドバンテージを広告主が得ることができます。

※2006年1月16日現在の実例です。一部、意図的に判読不能としている部分があります。
※例として挙げた広告は必ずしも弊社と関係があるとは限りません。
無料診断お申し込み
  • PPC広告に戻る