キーワード選定1

検索連動型広告でもっとも重要なポイントは、キーワードを幅広く選定してセグメントの漏れを防ぐという点にあります。
つまり、キーワードのカバー範囲を広げることによって、漏れのセグメントをなくし、機会損失を防止することが可能になります。

たとえば、

  • 女性向けウィッグ(かつら)

を販売している場合、まずは商品そのものを表すキーワードである

  • ウィッグ
  • かつら

のほかに、表記の揺れや誤字脱字として

  • うぃっぐ
  • wig
  • ウイツグ
  • ウイグ

などがキーワード候補となります。また、関連セグメントとして、

  • エクステンション

も簡単に思いつくでしょう。また、「用途」という切り口からは、

  • 衣装 パーティー
  • 衣装 二次会

というストレートなセグメントが考えられます。この考え方を拡張すれば、

  • コスプレ
  • 仮装

というセグメントや

  • ウィッグ 医療用
  • 抗がん剤 副作用

のようなセグメントも潜在的な顧客としてリーチすべきキーワードだと理解できます。
検索連動型広告は、キーワードをコントロールすることによってど真ん中のセグメントにリーチできる反面、キーワード選定漏れの場合はセグメントをまるまる取り逃がしてしまうという危険もあります。

機会損失を防止するためには、キーワードを幅広くカバーしてリーチ漏れのセグメントをなくすことが必要であり、これが検索連動型広告でもっとも重要なポイントになります。

無料診断お申し込み
  • PPC広告に戻る